• ホーム
  • 顔痩せ専門の小顔ダイエットでモテを目指す!

顔痩せ専門の小顔ダイエットでモテを目指す!

小顔を目指した際のダイエット方法は、顔と全身の両方に働きかける方法でアプローチを仕掛けることです。顔の大きさの原因は表情筋の衰えやむくみ、それに脂肪の付き過ぎなどもあります。様々なトレーニングやマッサージを駆使したダイエット方法で、小顔を目指していくことは可能です。

多くの人は顔の大きさを気にしますが、食べ過ぎている人は顔に脂肪がたまり過ぎているのも原因になります。普段から脂っぽいメニューが大好きで食べ過ぎており、加えて運動不足だと、脂肪は顔に溜まるからです。

顔だけではなく全身にも脂肪がたっぷりなケースが多いため、有酸素運動と筋トレの組み合わせのダイエット方法があっています。体内には脂肪が多すぎる状態なので、燃焼効率を高めるためにも、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動と、筋力も高める筋トレに取り組むことです。

表情筋は顔にある筋肉ですが、表情筋の衰えは二重顎になったり、頬が膨らむなどのたるみを生じさせます。小さくて薄い筋肉なのも表情筋であり、フェイスラインに大きく影響をしますが、日常的にしっかりと使っている人といない人の差が大きいです。口あたりの良い柔らかい食べ物ばかりを口にしていたり、あまり笑わなかったり、さほど咀嚼をしないで食事をしたりするのも原因になります。

1日の大半は仕事に費やす時間ですが、仕事をしている間もあまり会話をする機会がなく、作業を黙々と続ける職業などだと、表情筋も使われる機会は少ないです。顔周りの筋肉は適度に動かさないと、だんだん表情筋が衰えてしまいます。しっかりと表情筋を鍛えるためにも、ヨガと筋トレを取り入れることです。フェイスラインがキュッと引き締まり、ほうれい線や二重顎の解消にもなります。

頬のむくみも顔が大きくなる原因であり、飲酒の機会や量が多かったり、普段から塩分過剰な食事をするのがいけません。リンパの流れが悪くなるため、顔にはむくみが生じます。輪郭が膨らむので、身体が痩せていても太って見えるので損です。小顔になるダイエット方法は禁酒であり、頻繁にお酒を飲んでいるとむくみは消えません。

禁酒と同時に取り組むことは、頬の筋肉をヨガと筋トレで繁治をすることです。さらにリンパを適度に刺激する、マッサージも取り入れるようにします。効果的にむくみを解消させるためには、お風呂で身体を温めてから行うことです。全身の血液の巡りが良くなっているので、短期間でむくみを解消させることができます。