• ホーム
  • 美肌に効果的な栄養素はある?オススメ食材は?

美肌に効果的な栄養素はある?オススメ食材は?

美肌に効果的な栄養素はビタミンであり、その中でもいくつかの種類があります。オススメは複数の栄養が含まれる食材を選ぶことであり、特に野菜にはその要素が高いです。丈夫で美しい肌を手に入れるためには、質の良いたんぱく質も摂取します。

動物性たんぱく質であれば、肉類や魚介類に卵類、乳製品などです。お肉を選ぶ際には脂肪の多い部位ではなく、オススメは赤身の部分であり、食事に加えても高カロリーにはなりません。血液をサラサラにする青魚や、栄養満点の卵、低カロリーで栄養価が高い、植物性たんぱく質の大豆食品も献立に加えたい種類です。

丈夫な皮膚を保ち粘膜を守るのはビタミンAであり、健やかな肌を守るため美肌のためにも欠かせません。オススメの栄養素の高い食材は人参であり、乾燥肌をやわらげてくれます。人参には豊富なビタミンが含まれるので、爪や毛髪も美しく保つために役立つ栄養素です。

昔から美肌を作り保つ美容の栄養素代表ともいえるのがビタミンCであり、柑橘類やパプリカ、かぼちゃなどの食材にも豊富に含まれています。代表的なパプリカに含まれる栄養は、ビタミンCをはじめビタミンEにカリウム、βカロテンなどです。

豊富なビタミンCを含みますので、美肌効果を始めシワやシミなどの予防にもなりますし、肌荒れ防止や脂肪燃焼効果にもなります。ピーマンよりも2倍から3倍のビタミンC含有量を誇るのがパプリカです。免疫力の活性化や鉄分の吸収促進に疲労回復など、健康面にも働きかけてくれます。パプリカに含まれるβ-カロテンは、体内に入るとビタミンAとなり、毛髪や皮膚の健康維持にも大活躍です。

かぼちゃの持つ黄色い色素はβカロテンであり、食べるとビタミンAに体内で変化するため、強い肌をつくるために役立ちます。豊富なビタミンCも含むかぼちゃは、コラーゲン生成を助けるので、ハリのある肌に導く要素です。

ビタミンACEを惜しみなく含むのもかぼちゃであり、高い抗酸化作用をもたらしますので、皮膚が酸化を守ります。高い抗酸化ビタミンの働きを持つのもかぼちゃなので、アンチエイジング効果も高いです。若返りのビタミンのビタミンEも豊富ですし、食物繊維も多く腸内環境をよくして美肌をつくります。

ミカンやレモンなどの柑橘類も美肌にオススメな食材であり、ビタミンCの美容パワーを持つためです。コラーゲンの生成を促すので、弾力のある肌にしてくれます。メラニン色素が増えるのを抑えるため、美白効果も期待できるのが柑橘類の食べ物です。