• ホーム
  • ニキビのできる部位ごとに原因はさまざま

ニキビのできる部位ごとに原因はさまざま

ニキビのできる部位ごとに原因は異なるため、理由を理解して正しい方法での対処が必要です。食べもものの刺激やストレスによりできやすいのは口周りであり、胃腸の不調などによって生じることもあります。良質な睡眠をしっかりと取るようにして、自律神経を整えることも大切です。

食事からの影響を受けやすいのも口回りなので、栄養のバランスが良い食事を心掛けるようにします。野菜や牡蠣に豚肉、バナナなどには豊富なビタミンB群やビタミンCが含まれるため、口回りニキビ対策になる、ストレスの影響を和らげるためにもピッタリです。

おでこはもともと皮脂腺の多いパーツであり、体内のホルモンの乱れの影響を受けています。髪の毛が原因になるのもおでこであり、特に女性は前髪を垂らす人が多いので、その髪の毛が刺激になることもあるため注意が必要です。ヘアピンで前髪を留めるなど、髪型は出来るだけ顔に前髪がかからないようにします。シャンプーやリンスの成分の洗い残しや、整髪料の刺激など、外的要因が多いのもおでこです。

小鼻は毛穴が多い部位であり、パウダーやファンデーションなどのメイクの油分や、洗顔での洗い残しによる毛穴の詰まりも原因になっています。角質ケアのやり過ぎや多すぎる洗顔などが刺激になることもありますし、食生活の乱れも問題です。忙しい毎日の中で規則な生活になりやすいですが、皮脂の過剰分泌につながります。

生活のリズムを整えることが大切であり、健康的な生活に切り替えることです。食生活の乱れも鼻ニキビには密接に関わるため、皮脂の分泌を加速させる食べ方は控えます。香辛料などの刺激物やチョコレート、脂っぽいメニューはニキビをひどくさせる要因です。和食メインのバランスをとれた食事をすること、野菜などからビタミンもたっぷりと摂取します。

頬は乾燥をしやすい部位であり、不規則な生活リズムや皮膚の乾燥、冷えやホルモンの乱れ、皮脂の過剰な分泌も原因です。選択をしないまま使うバスタオルや寝具などには、雑菌の繁殖もひどいため、不衛生な環境が頬のニキビを生じさせている可能性もあります。シーツや枕カバー、バスタオルなどは頻繁に洗うようにして、皮脂分泌を正常にさせる食事をすることです。

治りにくい箇所のあごニキビですが、ホルモンバランスの乱れや冷え、ストレスなども引き金になっています。皮脂過剰になりやすいのもあごなので、睡眠をしっかりととり、ビタミンの多い野菜などを食べること、保湿ケアも十分にすることです。